Grandfather’s Pencil and the Room of Stories おじいさんのえんぴつ

Grandfather’s Pencil and the Room of Stories おじいさんのえんぴつ

Michael Foreman(著)
マイケル・ ォアマン(著)

男の子が夜に、おじいさんに手紙を書いた後ベッドに入って寝ようとしたとき、鉛筆がひとりでに動きだし、物語を書き綴り始めました。そうすると部屋の床やドアや紙も、自分たちの記憶を語り始めるのです。幻想的なストーリー。

総語数770

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする