In The Night Kitchen まよなかのだいどころ

In The Night Kitchen まよなかのだいどころ

Maurice Sendak (著)
モーリス・センダック (著)

真夜中、男の子がふわりふわり漂いながら、パン職人が朝のパン作りをしているキッチンへやってきました。僕はミルクじゃなくて、Mickyだよ!なんて歌いながら、オーブンの中でケーキと一緒に焼かれそうになったり、パン生地で飛行機を作って、キッチンの空を飛び回ります。かわいらしい空想の世界が広がります。

総語数320

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする